読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windowsバッチファイルをプログラミングレスで作れるWebアプリを作りました

Windowsバッチファイルをプログラミングレスで作れるWebアプリを作ったので紹介します。
バッチファイルに実装したい機能をクリック選択して、テキストボックスにファイル名などを入力していくことでバッチファイルが作成できます。

知らなくても作れるWindowsバッチファイルジェネレータ

普通にバッチファイルを作るときは?

  1. Googleで記述の仕方を探す
  2. エディタにコピー&ペーストする
  3. 必要な箇所を修正する

という手順を踏むと思います。

でも、

  • サンプル文を見つけてもどの部分を修正したらよいかわからない
  • ブラウザとエディタをいったりきたりが面倒

という経験はありませんか?
本Webアプリは

  • 修正箇所があらかじめテキストボックス形式になっているので変更すべき箇所がすぐわかる
  • 探した機能をすぐにエディタに追加できる

ので、簡単にすばやくバッチファイルを作成することができます。

f:id:black-skin:20150429231839p:plain

拡張性

本Webアプリはまだ情報量が未熟で、ほしい機能が見つからないということもあるでしょう。
そんなときは自分でほしい機能・構文を追加してください。
あなたが作成した構文はサーバに送信され、他のユーザにも共有されます。
あなたが本Webアプリを使い込むことで、多くの方々にも使いやすいものになっていくでしょう。

さいごに

本Webアプリは

を使用して作成しました。
あと「プログラミングレスで作れる」と謳ってますが、多少のバッチファイルに関する知識は必要です。「レス」というのは「ない」ではなくて「少ない」という意味ですから。