読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

slim3プロジェクトで新しいバージョンのGAEを使用する

記事作成日:2015.4.9


slim3プラグインはアップデートされていないようで、そのままプロジェクトを作成すると GoogleAppEngine SDKのバージョンが1.6.0になる。
slim3関連ファイルを新しいSDKに移動しても動作するみたいなので手順をまとめる。

空のslim3プロジェクトを作成する

  • New Project -> Slim3 -> Slim3 Project
  • Use Google Web Toolkit にチェックを入れてプロジェクトを作成。このslim3プロジェクトからslim3関連ファイルを抜き取ってくることになる。

本命のプロジェクトの作成

  • New Project -> Google -> New Web Application Project
  • 以下のファイルを移動

プロジェクトルートディレクトリの
build.properties
build.xml

war/WEB-INF/lib ディレクトリの
junit-4.7.jar
ktrwjr.jar
slim3-1.0.15.jar

  • 以下のフォルダを移動

プロジェクトルートディレクトリの
lib
libsrc

  • war/WEB-INFのweb.xmlを編集

slim3側のweb.xmlの中身を本命のweb.xmlへ移す。
タグの中身をすべて移動すればよい。

このときエラーが出るので<web-resource-name>を追加する

        <web-resource-collection>
            <url-pattern>*.jsp</url-pattern>
        </web-resource-collection>

        <web-resource-collection>
        	<web-resource-name></web-resource-name>
            <url-pattern>*.jsp</url-pattern>
        </web-resource-collection>

パッケージ名も変更

	<context-param>
        <param-name>slim3.rootPackage</param-name>
        <param-value>(空のslim3プロジェクトのパッケージ名)</param-value>
    </context-param>

	<context-param>
        <param-name>slim3.rootPackage</param-name>
        <param-value>(本命のプロジェクトのパッケージ名)</param-value>
    </context-param>
  • ビルドパスの編集

プロジェクト内にある
lib\slim3-gen-1.0.15.jar
war\WEB-INF\lib\junit-4.7.jar
war\WEB-INF\lib\slim3-1.0.15.jar
への参照を追加

  • gwt.xmlファイルに以下の文を追加
    <inherits name='org.slim3.gwt.emul.S3Emulation' />
    

(メニューバー) -> Project -> Properties -> Java Compiler -> Annotation Processing
 アノテーションプロセッシングを有効にする
-> Factory Path
 以下のjarファイルを追加

    • lib/slim3-gen-x.x.xx.jar